失敗は「しない」より「恐れない」

「成功する人の特徴は、挫折時期に学んだり考えたことが、のちに必ず生かされてくる」『戦後名編集者列伝』棲井秀勲失敗はしないほうがいいに決まっている。しかし、何事においてであれ、トライをすれば、成功の可能性と同時に失敗の可能性もある。しかし、失敗を恐れていては、一歩も前に進むことはできない。それより、われわれが恐れなくてはならないことは、失敗して失敗にうちひしがれてしまうことだ。つまり、こちらが失敗に負けてしまってはならないということなのである。では、失敗に勝つにはどうしたらいいのだろうか。それは、失敗から得たことを、つぎのステージに活用することだ。失敗を一つの経験とし、失敗から学んだ教訓を生かしていこう。成功者とは、一度も失敗したことがない人というより、失敗を克服した人といったほうが、より正確だろう。だから、失敗を必要以上に恐れることはない。問題は、その失敗を、その後にどう生かすかにある。 歴史上の成功者を見てみても、そのことがはっきりといえるケースが多いではないか。棲井秀勲氏は評論家。

頼れると言えば新星和不動産がまず挙げられます。というのも巣鴨でマンション探しをした際に地域の特性、建物の長所、短所など全て包み隠さず話してくれたんです。こんなに良いところは今までになかったかもしれません。

日本の代表的な都市の一つでもある神戸市の賃貸に住もうと思っているんです。お洒落な感じしますし。住めたら嬉しいですね。綺麗な街並みのところに住みたいので、宏稜不動産にしっかり相談して探していこうと思っていますよ。

Copyright © 2014 一軒目からどえりゃあええ物件に住める方法があるんだがね All rights reserved. Theme by Rankerz SEO Company